2018年02月24日

アメリカ生活ブログ:人種の違いを白骨でわかる不思議を我が家で考えた。

昔からある疑問の一つ。

アメリカでは、白骨死体が見つかると、ニュースとかで

”白骨死体は、白人男性20−30代・・・”

と発表されたりする。

様々な人種がいるアメリカでは人種もきちんと言う。

それを聞くたびに思わず、

うちの子供たちのようなミックスの子供たちが白骨化した状態なら何て言われるんだろ?

骨だけで、きちんとアジア人と白人のミックスって分かるんだろか?
もちろんDNAで調べればすぐにアジアと白人ミックスって分かるだろうけど、骨格で男性女性、白人か黒人、黄色人種かが判るらしい。

となれば、我が家の子供達の骨ってどうなんだろ?って思うんです。

我が家は3人子供達がいますが、旦那はイギリス、ドイツ、スエーデンなどの血が入った白人男性。身長も189cm、長身の細身。手足がやたら長い。日本に行くと、遠くから見てもすぐに”外人さんだ!”って分かる外観。

私は、日本人って言うよりも、フィリピン人系。ご先祖様も九州の方がいるので、多分、ご先祖様の誰かはそっち系ではないのか・・・って思う顔立ち。今までにもフィリピン人たちに何度”あなたフィリピン人でしょ!”って声をかけられたことか・・・。身長は153cmのチビ。小太りである。

この2人の子供達は3人。3人とも身長はもちろん私よりも全員高い。まぁ、うちの子供たちよりも背の低い白人たちも結構いるから、身長は低い方ではないと思います。

3人とも、髪の毛はダーク。肌はすぐに日焼けしてこんがりとなる。(旦那は赤くなって白く戻る。)
目の色も黒。生まれたときには3人ともかなり濃い青色だったけど、茶色、黒に変色。(人体の不思議)

3人の中で一番下の娘が一番体質も手足が長いこと、骨格も旦那系。アレルギーも旦那が持っている食べ物アレルギーそのまま受け継いだのが3番目。アザまでも同じ場所にある。多分この子は、白骨死体になったら、きっと白人に分類されるのではないかと思うのです。

性格的に長女と私は似ている。でも性格は白骨死体と考えるときには関係ないけど。
この子は気をつけないと太りやすい体質。特に下半身。

ごめんよ、長女。私だ・・・・。
ただ、食べ物の好みは一番アメリカ人。何にでもランチドレシング。和食は好きではない。

長男と次女は和食好き。

ちなみに、和食好きな2人の成績はめちゃ良い。不思議である。でも、これも白骨死体には関係ないが、ちょっと面白いのなぁ〜と思ったので書いてみた。

食べ物は骨を作るときには重要な役割を果たしていると思うのですが、長男が一番和食好き。納豆も食べれる。海苔とご飯があれば幸せな人である。うどんラーメン、炭水化物大好き。プラス、肉食なんで、お肉も大好き。体格はかなりい。アメフトでもしてるの?とよく言われるほどガタイがいい。父親よりも背は低いが脂肪もたっぷり付いているのでごっつく見える。
顔は私に一番よく似て一番アジア人顔な長男である。

この子が一番、どうなんだろ?って思うところ。顔は一番アジア。でもガタイのでかさはアジアというよりもポリネシアン系。

足がちょっと短いのは母親譲りでしょ。すまん。

父親と一緒に歩いていて、誰一人この2人が親子とは思わない。と言う親子。白骨死体になっても白人って言われないのでは???

長女。この子も難しい。白人よりも南米人。白人+アジア人=南米人ってことは国際結婚している友達の子供たちを見てもよくある。不思議である。鼻は一番低い。兄と妹は鼻が高いが、3人とも横にちょっと広がっているあたりはアジアが入っているんだなぁ〜って思う。旦那は500円玉が縦に入る細長い鼻の穴である。
目の窪みもすごい。なので、目の間、おでこから目にかけてが急斜面であるのに対して、私の顔はもちろんフラットである。旦那に一度めちゃ驚かれたのが、

”君の目の間にある骨(ブリッジ)はどこにあるんだ!?”

多分、この骨は白骨死体になった時に白人かアジア人かがわかりやすい1つだと思う。

きっとアジア人の骨には目の窪みの間の骨がめちゃ低いか無いんだろうなぁ・・・。

何だか、書き続けるときりが無いので、ここら辺で。
人類学って学べば面白いだろうなぁ〜って思う今日この頃。




posted by Kazumi at 05:38| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月23日

アメリカ生活:春休みの計画は早めに・・。

我が家の住んでいるエリアの公立の学校では4月の初めに春休みが1週間以上ある。
私の去年の計画では、この長い春休みを利用してメキシコへ家族旅行へ行きたい!って思っていたのですが、ベストシーズンってこともあり、家族4人(息子はただいまカリフォルニアで修行中)で行くと、結構高い。それに、私が行きたい、遺跡やらセノーテやらのオプションのツアーを現地で入れればもっと高くなる。どないしようかなぁ〜って思っていると、旦那が”4月にいかなくても6月に行けば?”

あ、問題解決。毎年、6月に義両親のタイムシェアーがあるので、お決まりで行くスキーリゾート地を今回はやめて、メキシコへ変更。

ということで、1週間以上まるまる春休みの予定が空いてしまった。

昨晩のご飯の時に、次女ちゃんが

”春休みには、国立公園へ行こう!!!!もうMoabには長い間行ってないよ!”
多分、3年くらい前に行っただろう・・・。

我が家は毎年子供達を連れて国立公園か州立公園に行ってアウトドアーを楽しんでいますが、今年は6月にメキシコでの大冒険があるではないか!うちの娘たちは本当に自然大好き。ディズニーランドと国立公園でハイキングどっちがいい?と聞くと、国立公園!っていう娘たちで。実は、メキシコとディズニーワールド(フロリダ)とどっちがいい?って聞いたら、すかさず、メキシコ!って答えた娘たち。我が家の娘たちはさほどディズニーに魅力を感じてないらしい。

4月はまた国立公園へ行ってくるかなぁ〜。去年はThe waveの抽選会に外れたけど、また今年も挑戦するか?4月の南ユタは雨が降ると鉄砲水が発生して非常に危ないので、それも考えなければいけない。
泊まる場所も確保するのに、今からだと多分もうホテルも高いよね・・・。

旅行計画はやっぱり早く立てるのに限るよね・・。

ラベル:アメリカ
posted by Kazumi at 03:51| Comment(0) | 家族旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月22日

アメリカ生活ブログ:アメリカ生活20年だってもどうしてもなれないことパート1

アメリカ生活を始めてもう20年以上が経つのに、日本人な私は一向に慣れないことが。

私は個人輸入の代行の仕事をもう18年近くしています。おかげさまでもう20年近く当ショップをご利用くださっているお客様たちもいて、本当に感謝の一言です。

それと同時に、実はアメリカの大学では美術を勉強をしていたこともあって、デザインの仕事もたま〜に頼まれればやっております。こちらは本当に、友達が自分のビジネスで使う広告のデザインや、名刺やら、そういう感じのもののデザインを行っております。で、今会社の封筒やらのデザインを頼まれてアメリカの印刷屋に2週間前にオーダーをいれておいたのに、何も連絡がない。その間に私が出したPDFファイルのサイズのことやらでやり取りをしたし、祭日も挟まった来もしましたが、長すぎだろ?

で、今朝、オーダーはいつできるの?ってメールをすると、

”できてるよ”

の一言。

今までその印刷屋をもう5−6年は使ってるのに、何???普通、できたらすぐに連絡してくるだろう!?

デザインの仕事って締め切りだったあるんだし。

どうして、こうもいい加減なの?深呼吸をして、イライラしない。イライラしない。と呪文のように言いながらもムカつく。

毎日、まだか?まだか?って嫌みたらしく連絡をしないと連絡もよこせないのか?

ほんまに、20年以上住んでもこのいい加減な仕事ぶりに私はなれないのである。


posted by Kazumi at 03:06| Comment(0) | なんでやねん!? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。