2019年10月14日

アメリカ生活:保護犬を家族に迎え入れることにパート2

2月の土曜日の朝。その日はまずどんな犬がいるかを見に行くのが目的で、首都のソルトレイクシティで犬のアダプション(犬や猫や他のシェルターにいる動物たちを自分の家族として迎え入れること)を行なっているペットショップがあったので、行ってきました。
このアダプションのイベントを開催している組織はアメリカ国内でも有名で大きなきちんとした組織のシェルター。

行くと、私がネットで見て、気になっていたマジックという名前のおばあちゃん犬が!

これは運命かも!?と思ってマジックを観察していると、おばあちゃん犬だけど、結構まだまだ元気!かなり活発で吠えたりもしていた。今はシェルターにいるのではなく、新しい家族が見つかるまでの一時預かりの家族の家に他の犬たち3匹ほどと生活をしているらしい。

マジックを撫ぜていても、マジックは今住んでいる家族のママが気になって仕方ないようで、ほぼ、私たちのことは無視(笑)そうして、次女が触った途端に、手に蕁麻疹が・・・。

こんなに早くアレルギー反応が出るってことは無理だわ・・・・。

他の犬たちも見て触ってみたけど、どの子もとても可愛いけど、違う。

ということで、朝のイベントを行っていたシェルターのワンちゃんたちが全員いい家族が見つかりますように。という思いで出て行った。


そうして、その夜に隣町のペットショップで行われる犬と猫のアダプションイベントへ行った。

そこで、ラスコに出会った。

前回に写真をアップしていますが、(前回のブログ)兄弟のような犬がもう1匹。隣同士で置かれていたけど、次女は2匹とも触って、

すぐに

「この子!この子がいい!」


そう言いながら撫ぜていたのがラスコでした。

他の犬がおもちゃで遊んでたり、吠えたりしている中、おもちゃを見せても反応無し。ただ、床に寝転がっているだけ。愛想もない。
次女にはアレルギーも出てない。

リードをつけて店内を歩いてもいいし、ちょっと外へ連れて行ってもいいよ。

と言われて次女がリードをつけて外へ散歩へ連れて行こうにも、怖がって動かない。

同じシェルターから連れてこられたグレートデンまだ1歳未満らしいが、すでに巨大な犬はずーっと吠え続けて、ハイパーである。ラスコを見て、いきなりマウティングされてもラスコ何もなぜ、ナスガママ状態。(ちなみにラスコはオスです)

そうして、他の犬たちが吠えても、ラスコは全く吠えない。ただ横になってとにかく時間が過ぎてくれれば・・・というかこの子は大丈夫なんだろか???って思える犬だったけど、次女は分かったらしい。この子(ラスコ)が我が家に来る犬だって。

続く

IMG_6417.jpeg
芝生大好き。庭の芝の上でゴロゴロするのが大好きなラスコ。



posted by Kazumi at 05:27| Comment(0) | 保護犬ラスコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: