2018年10月11日

アメリカ生活ブログ:アメリカで事故パート3

旦那は書類を書いたり、警官と話をしたりしている中、私は震えがなかなか止まらない。地面に座って、友達が背中をさすってくれて普通に色々と話しかけてくれるのがありがたい。ドーパニンが出すぎて興奮してパニクっているのか、頭の回転はすごい。でもまとまってないのである。

どれくらい時間が経ったのかもわからないけど、20代の事故相手は飲酒、ドラッグなどの検査を受けて事故に影響が出るほどのアルコール度数ではなかったと警察から伝えられたけど、彼はまだ警察と話をしないとだめなようで、道の真ん中に彼の車をいつまでも置いておくことはできないので、パジャマ姿っぽい彼のお母さんかおばあちゃんが彼の車を運転して私たちが食べていたレストランの駐車場へ入れていた。(彼の車は前側が問題でもまだ運転可能)

警察は私たちは問題ないので、もう帰っていいよ。と言われ、不注意の違反チケットをいただき、それのみで私は特にお咎めもなく終わった。

数日後に裁判所から手紙が来て、罰金をはらうか、お金がないから労働をするために来なさい。と時間と場所の指定が書かれてあった。

罰金は160ドルほど。労働時間は確か100時間ほどだったはず。(あんまり覚えてない)具体的に何の労働をするかは書かれていない。高速とかで掃除をしている人たちがいるが、そんな感じなんだろうか?

とりあえず、私は罰金をインターネットで支払い裁判所へも警察にも行くことなく、終わらせた。その点では便利な世の中になった。新婚当時22年以上前にスピード違反で捕まった時には、わざわざ裁判所へ行ってお金を払ったのを覚えている。

また、保険会社から電話で当時の事情を話さないとだめだった。それは20代の相手側の保険会社からも電話で話す必要があった。私の方はなんだかアッという間に、保険金がおりて、修理はしないでこれで新しいのを買ってください。と乗っていた車の価値を計算してそれが戻って来た。もちろん、保険代はかなりアップした・・・。

その後約2ヶ月ほど経った今もまだトラウマがある。

大きな怪我もしてないのに、脳というのは学習しているらしく、曲がる時とかも、心拍数が多くなる。高速を走る時も心拍数がわかる時計をしているので、それをみると、90以上でずーっと運転をしている。ちょっと車線変更とかすると100を超える。心臓には良くないだろうね。

運転中ちょっとしたことでビックってする。まさにトラウマ。

助手席にのっていても旦那の運転でかなり鼓動が激しくなることも。

事故後初めての運転は自分で”私は大丈夫。私は大丈夫・・・・”となんども呪文のように自分に言い聞かせながら運転をしていた。

いつかは慣れて心拍数も普通にリラックスして運転ができるときがくるんだろうけど、まだ少し時間がかかりそう。

そうそう、事故をして、警察に提示を求められたのは、車の保険書、免許書。いつも車の中に車の保険書を入れているので、良かったけど、もしこれを読んで車の中に入れてないならきちんと保険書を入れておいてくださいね。

まぁ、事故をしないのが一番だけど。





posted by Kazumi at 02:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月02日

アメリカ生活ブログ:アメリカで事故にあったパト2

警察が到着後、私が震えているのを見た警官が、とりあえず、道の端に座って、深呼吸をして。と出産時のラマーズ法のように、吸って、吐いて、吸って、吐いて。を行っていた。ありがたいことに、友達が一緒にいてくれて、彼女がずーっと背中をさすってくれながら、話しかけてくれていたのでパニックっていてもなんとか対処できたので、本当に友達には感謝、感謝である。これが一人だけだったら、深く息を吸って、吐いてさえもできてないかもしれない。

私も知らなかったけど、エアーバッグが出ているので、法律で消防車と救急車がくるから。と警察から説明された。
そうして直ぐに、はしご車と救急車が到着。

救急隊員さんが優しく話しかけて来てくれるが、体はどこも痛くないので、病院へ行く必要はないからと、断った。ここで救急車の乗れば10万円単位でお金が飛んで行くので、必要ないと思えば拒否すれば、請求はされません。20代の事故相手も大したことないからって病院へ行くのを拒否。

今は興奮しているので、数日後に体が痛くなる可能性があるから気をつけてたけど、結局本当にエアーバッグで胸部分擦り傷ができたのと、両腰がシートベルトで打った、青あざのみで、どこも痛みは出てこなかった。

そうして、私の車は動けない状態なので、牽引トラックが来て、ドナドナドナ、ド〜ナ〜的に荷台部分に乗せられて、あっという間に事故で飛び散った車のパーツやら破片が掃除されて行く。

私は警察に、事情を話し、それから書類を渡されて、個人情報と事故の状況を書くように言われた。

が、震えが止まらず、幼稚園児が書くような文字になる。

それに、英語で事故げ状況を書くほど頭が働いていない。

警察に、私は英語が母国語ではないから旦那がきてから彼が代筆していいか?と確認すると、大丈夫。っていうので、旦那が来てからその部分を書いてもらった。

旦那が到着して、20代の事故相手の彼と握手をしながら、無事でよかった。って挨拶をしていた。

そうして、私に”彼お酒飲んでるよ。お酒くさい”

彼がなかなか警察に連絡をしなかったのは飲酒のせいだったのか???って思った。

警察は私に対してはあんまり長い間話すこともなく、20代の彼のところで長い間話していたが、その時にはそんなことも頭には入ってなかったが、飲酒のために警察に彼は取り調べを受けていた様子。

続く




posted by Kazumi at 01:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月20日

アメリカ生活ブログ:アメリカで交通事故を起こしてしまったパート1

いきなりですが、約1ヶ月前に交通事故にあいました・・・。

私は不幸中の幸いでかすり傷と打ち身で大丈夫でしたが、車は廃車に・・・。

久々に女友達と晩御飯を食べに行って、駐車場でも話をしまくり、夜の11時過ぎ。

それぞれ家に帰るために分かれて、私の後ろに友達の車が。

私は左折するのに遠くの信号が赤で他の車が止まっているのも見えたし、車は来てないとレストランの駐車場から左折。

そこへ、1台の車が私の左前側に衝突。

私の車は日本だと大型7人乗りSUV(アメリカだとミドルサイズ)。衝撃でエアーバッグが前側と横からもでてきて、車内が煙だらけに。

私はあまりのショックで、放心状態に。

そこへ、友達がびっくりして、窓のところへ来てくれて、声をかけてくれたけど、私の脳はあまりにもショックを受けていて、友達の顔さえも分からず、なんでこの人日本語を喋ってるんだろ??って思ったほどでした。

その友達が後から、私が友達に敬語で受けごたえをするのを聞いて、これはかなりショックを受けてるって思ったらしい(笑)

とにかく、車内は煙がすごかったので、もし火でも出たら困るよね。って車から出ないと。と思っても左側をぶつけらえているので、ドアも開かない・・・。

ぶつかって来た相手は私に怒鳴り散らしている。

”なんでいきなり飛び出してくるんだ!”

怒っているから大丈夫らしいが、エアーバッグで相手の顔も見れないし、出れない。

とにかく、がんばってドアを押すと、重いけど、ドアが開いた。

ぶつかって来た相手は20代くらいの若い男性で、両手刺青で坊主。

どなっているので、とりあえず、”ごめんなさい。怪我はないですか?”と聞いたが、いきなり飛び出し!って繰り返すのみ。

見ていると肘のあたりを切っているけど、流血はしていない。

それよりも早く警察を呼ばないと!って思うのですが、相手はいっこうに警察をよぼうともせず、家族に電話を。
そうして、私たちに、ライター持ってる!?って聞いて来た。私も友達もタバコは吸わないので、持ってないっていうと、タバコをくわえてウロウロとまだ誰かと電話で話をしているが、警察ではない。

私も旦那に電話を。とりあえず事故をしたので迎えに来て欲しいと。旦那は寝てたみたいだけど、大丈夫?怪我は?って聞かれたが、気が動転をしてて、実際に今痛みはないけど、後からどうなるかは分からない。(変に落ち着いてる部分もあり)とりあず、迎えに来てくれるということに。

私の車のタイヤは車底の中にのめり込んでいて、運転不可なのは確かである。

相手はまだ警察に電話をしない。なんでだろう?って思ったが、しかたない。私が911へ電話。

すぐに警察が到着し、私は震えが止まらず、頭がパニックのままであった・・・

続く



posted by Kazumi at 07:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。