2014年11月26日

アメリカのユタでのDIY生活:地下室変パート3

早い物で2014年も後約1ヶ月です。
今年も本当に色々ありましたが、未だに地下室仕上がっていません(苦笑)
今年中に仕上げたいと・・・でも本当にもうすぐ!って感じです。
今タイルカーペットと言うシールで貼り付けるカーペットを取り付けている段階です。
019f65a4bc8b4496c4491663b6062f104b42c9d7c8.jpg
ちなみに、地下室のバスルーム。洗面台はIkeaから。小さいのに2つ洗面台が付いているので購入!

011528873bf5088d85e12dc920e3ddddf93bf9fd2c.jpg
シャワーとフロの間にはアメリカでは通常壁がありますが、壁がないので、シャワーの場所が日本のお風呂のように体洗い場のような役目をするように設計しました。お風呂も日本のように深めのをつけてもらいました。デザインはクラシックに黒と白。アクセントに赤のタオルなどをおく予定。

015130bf166f117288c8efa274993b1f1e9ce9ed02.jpg
高校生の息子の部屋の壁の1つは黒板にしました。数学大好きな息子が数学の問題を解くのに黒板が欲しいとのことだったので、壁を黒板に。そうして、すでに妹に馬などをすでに落書きされているのが現実。

01c66884d0ae959c73b50ce1020c5d4d16a37d9934.jpg
地下室にある台所。まだこれも途中の写真だけど(笑)今はバーも付いています。レトロがテーマにデザインしたので、アメリカの50年代のダイナースタイルにしました。床もペンキでぬりましたよ!

012dd37546c5b16f9dc4fc0a9fa686f2e6369e51b3.jpg
ドアノブの代わりに番号をつけてみました。
皆からこれは意味があるの?と聞かれるのですが、子供達の誕生日なんです。ちなみに、手前が洗濯機と乾燥機が入るあ場所。向こう側は収納スペースです。

こんな感じでのろのろ亀ように地下室を仕上げています。まじめに今年中には何とかしたい!!!

私のアメリカでのお買い物代行、転送ショップのブログです。
http://usa-daikoku-ameq.seesaa.net/

良かったら見てやってくださいね!

posted by Kazumi at 03:41| Comment(0) | 地下室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月06日

アメリカで地下室を作るパート2

前回3月の末には地下室ができる予定だったのに、今は7月の頭・・・。まだできていません。

まぁ、アメリカだし、そういうものでしょうが、1つの大きな理由は床は業者に頼まずハニー君と私で(たまに子供達もお手伝い)床張りをしたから。

ハニー君はサラリーマンですから、会社へ毎日お仕事へ行ってくれています。
なので日中私が一人がんばることもありますが、一人で材木切って張っての作業は簡単ではありません。それに私も仕事もあるし、家事もこなさないとだめ、学校のボランティアも会ったりと大変でしたが、会社から戻ったハニー君と2人でなんとか昨日やっと床張り全て終了!!!

最後の方はもう2人してプロになれるのでは?状態に隙間なくぴったりと上手に床を張ることができるように(笑)

始めに床張りはかなり見苦しい・・・。でもその場はカーペットを上に引く予定なのでまぁ、いいか・・。

これから、せっかくひいたラミネイトの床にペンキで色を付けていきます。

え!もったいない!って思う人もいるかも知れませんが、ラミネート(嘘物の木の床だけど、日本で一般的に使われていると同じ)はあくまでもサブのつもりだったので、今からペンキで多分赤と白のチェック柄床に仕上げる予定です。(台所部分のみね)

さぁ、それが終わったら業者さんたちが壁を塗ってくれて、台所をつけて終了!

8月中に終わらせたい!がんばるぞ!

私のアメリカでのお買い物代行、転送ショップのブログです。
http://usa-daikoku-ameq.seesaa.net/

良かったら見てやってくださいね!

posted by Kazumi at 22:45| Comment(0) | 地下室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月01日

アメリカ生活:アメリカで地下室を仕上げるぞパート1

昨年秋くらいからまじめに地下室を仕上げましょう!って旦那と話しになり(っていうか私がかなりプッシュしたんだけど)業者さんを探して、やっとこの2月中旬から業者さんの都合もついたとのことで地下室を仕上げる作業が始まりました。

日本人にとって地下室!?と言ってもピンと来ないかと思います。

なんだか地下室って陰気で怖いイメージ?

アメリカでは地域によりますが、地下室がある家が多いです。

特にユタは乾燥しているので、掘っても水の心配も無いので、地下室は塩湖や湖のそば出ない限りはほとんどの家に地下室があります。

地下室といっても通常の寝室、浴室、台所をつけている家は多いです。

台所はまぁ、つけない家も多いかぁ・・・。でもほとんどはちょっと広めの部屋はレクリエーション室として使用できるようにしている家が多く、後は普通の寝室。そうして寝室があるので浴室。

と言う形が一般的かと。

我が家はもともと義両親が年取ったら我が家で面倒を見ようと旦那と結婚前から話をしていたので、義両親がすめるように台所、浴室、寝室2つにリビング、洗濯機置き場、物置のスペースが地下室になります。

まぁ、義母は亡くなってしまって、結局義父はシングルマザーの義妹と一緒に住んでいるので、多分地下室に来ることは無いかもしれないけど・・・。でも、まぁ将来子供達が一時的に結婚後に一緒に住むこともあるかもしれないので、とりあえず他の家族が住めるように仕上げる予定です。

我が家は地下といっても西側は半地下。なので窓も沢山あって地下でもかなり明るい!

cfb6bb74-3c7d-480c-9701-27c2cc4eaf15.png
え?これが地下って感じでしょ。

完璧に地下でも法律で部屋となる場所に必ず避難口が必要なので大きな窓をつける必要があります。
息子の部屋はまったく土の中ですが、左側に大きな窓があり、もし火災などがあればここから庭へ避難できるようになっています。
1e2a0155-334e-4803-9c60-524048bfd823.png
後手前が小さな台所エリア。
小さいけど、皿洗い機も、大きなオーブンも冷蔵庫も置けるようになっています。

ちなみに、私がレトロやアンティークが好きなので、今私達が住んでいる1F2Fはアンティーク、ヴィンテージスタイルで地下はもっとカジュアルに50sスタイルにするので、床は黒と白のダイナースタイルに、台所の棚は赤と白になるよていです。

こうやってデザインをしていくのが楽しい!
忙しいけど、このデザインあのデザインと今色々がんばっています。

私のアメリカでのお買い物代行、転送ショップのブログです。
http://usa-daikoku-ameq.seesaa.net/

良かったら見てやってくださいね!

posted by Kazumi at 03:56| Comment(0) | 地下室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする