2017年11月04日

アメリカ、ユタ州立公園アンテロープアイランドパート2

ユタ州にあるアンテロープアイランド州立公園パート2です。

前回貼り付けてある地図を見ると陸続きに見えますよね。でも、塩湖に浮かぶ島でございます。

年々と塩湖の水位が下がって陸続きにもなっている場所がありますが、そこは湖底なので、車や徒歩で島へ行くことはできません。

島へ行くにはI-15の高速道路をソルトレイク市から北上してLaytonと言う街で降りて、島に続く道を行くしかありません。湖の中に作っている道をクルマで行区のは気持ちがいい。

IMG_8004.jpg
可愛いバードハウスの左横に見えるのが湖の中の道。
IMG_7644.JPG
こっちの方が道がはっきりとわかりますね。

この島には、バッファローの他にも鹿、アンテロープという鹿の仲間、ウサギや野鳥などが生息しています。
バッファローは結構見ることができます。ちょっと遠いですが、特にRunch(牧場)と書かれている場所へ行くと結構いるので、オススメです。

前回ちょっと書きましたが、秋には島のほとんどのバッファローたちを一か所に集めて検査をします。一部の荒くれ者バッファローは危険なために集めないそうです。3年前に集めたときには突進してきたバッファローを避けてカウボーイが骨を折ったって。

メスは妊娠していたら、野に離さず、管理下の元で、赤ちゃんが無事に産まれるまで面倒を見るみたいです。
また血液をとって、病気を調べたり、遺伝子検査をするするそうです。

島のバッファローたちは耳にチップが1頭1頭に埋め込まれて、管理をされているそうです。また首にGPSを巻かれたバッファローも。GPSは一時的な物なので、生態をしら下手ら外します。このバッファローのメスも今回首輪GPSを外してもらいました。
IMG_7998.jpg

この島ではキャンプ場も管理されているし、ハイキングコースもあり、夏には塩湖にぷかぷか浮かびながら過ごすのも楽しいかも。

かなり塩濃度が高いので、どんな人でも浮かびますが、かなり体はベトベトするでしょうね。夏場は冷水シャワーもついてる場所もオープンします。アメリカの西部気分を味わいながらキャンプ。日本では味わえない醍醐味です。
IMG_7684.jpg
野ウサギちゃん
IMG_7272 (1).jpg
IMG_7653.JPG
バッファローがこんな感じで道の脇で草を食べてます。
IMG_6900.jpg
やっぱり大きい!この時は一眼レフのニコンを持って行ってたので、写真がきれいです。
IMG_7275.jpg
道路を渡るバッファローさんたち。結構のんきに渡るので、クルマの中でバッファローが渡りきるまで待ちます。結構おとなしいらしいですが、車から出て近づかないようにね!
IMG_7658.JPG
これがアンテロープ
DSC_1840.jpg
IMG_7662.JPG
DSC_1485.jpg
島内の風景も広大で綺麗です。

コンビニやお店はないので、キャンプへ行くときにはしっかりと食料とかを持参で行ってくださいね〜。夏の日(冬や秋はわかりません)はバファローハンバーガーを売っているレストランあり。

posted by Kazumi at 08:06| Comment(0) | ユタ州観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アメリカ国際結婚ブログ:アンテロープアイランド州立公園 カウボーイたちの夢

ユタ州は日本でもグランドサークルとかでかなり有名になっている場所で、地球ってすごい!!!を体感できる場所。

ただ、ユタ州と一言言っても広うござんす。

大きさは日本の本州88,997 mi2に対してユタ州は84,899 mi2とのことなので、ほぼ、本州と同じ大きさになります。私が住んでいる場所は州都のソルトレイクシティの郊外。 

日本でも有名なザイオン国立公園を含めるグランドサークルまでは家からだと車でアメリカの高速道路を使って約5時間ほどかかります。

でも、自然が多く美しいユタ州は見所がたくさんあります。

今日ご紹介はアンテロープアイランド州立公園です。



我が家からは比較的近場なアメリカを体験できる場所1つ。
西部といえば、バッファロー。

このアンテロープ州立公園には500頭から700頭ほどの野生のバッファローが州の管理のもとで生存している場所です。
ここのバファローたちは大昔からいるアメリカの純粋なバッファローの血を99.99%受け継いている貴重な品種だそうです。島の広さから500頭が一番ベストだそうで、州立公園内ではきちんと健康管理などもされて、数が多くなりすぎるとオークションに出されて調節をされています。

毎年秋にはBison(バッファローと日本語で言いますが、バイソンと呼ばれます) roundupと言って、島内のバッファローを1カ所に集めて病気はないか、妊娠をしているメスの管理や、オークションに出すバッファローを選んだりする期間があります。
これはなんと自由参加でアメリカ国内からカウボーイたち、カウガールたちが馬持参(もしくは借りて)この島に集まり島内のバッファローを1カ所に集める作業が行われます。(きちんと参加希望と手続きは必要なようです)

実は先週末がこのBison Roundup日だったそう!!!数日ミスをしてしまった!残念!
去年のRoundupの様子の動画があったので、カウボーイ志望の方是非ご覧ください(笑)


来年は出来たらこのランドアップ、車の中からですが、生で是非見てみたいです!かなりの迫力だと思います。

で、昨日日本から来ている友達と一緒に行って、すでに集められたバファローたちのテストの様子とかを見てきました。
またこれは次回へ〜。

posted by Kazumi at 02:49| Comment(0) | ユタ州観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする